○新ひだか町農業実験センター条例

平成18年3月31日

条例第144号

(設置)

第1条 農作物、園芸作物等の生産技術に関する研究及び開発並びに研修等を行い、併せて農業に関する研修等の場を提供することにより、本町農業の振興を図るため、新ひだか町農業実験センター(以下「農業実験センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 農業実験センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 新ひだか町農業実験センター

(2) 位置 新ひだか町三石歌笛575番地

(事業)

第3条 農業実験センターは、次の事業を行うものとする。

(1) 農作物、園芸作物等の生産技術の研究及び開発

(2) 農作物、園芸作物等の品種改良及び展示

(3) 農業者等に対する研修及び技術指導

(4) その他設置の目的を達成するために必要な事業

(職員)

第4条 農業実験センターに、センター長その他必要な職員を置く。

(使用の申請)

第5条 農業実験センターを使用しようとする者は、あらかじめ町長に申請し、その承認を受けなければならない。

2 町長は、農業実験センターの使用を承認するに当たっては、必要に応じその使用に条件を付すことができる。

(目的外使用等の禁止)

第6条 農業実験センターの使用を承認された者(以下「使用者」という。)は、当該承認を受けた目的以外に農業実験センターを使用し、又はその権利を譲渡し、若しくは転貸してはならない。

(使用の制限)

第7条 町長は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、農業実験センターの使用を承認しないものとする。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあるとき。

(2) 建物及び付属設備を損傷するおそれがあるとき。

(3) 物品の販売その他の商行為を目的としているとき。

(4) 管理上支障があると認められるとき。

(5) 前各号に定めるもののほか、不適当と認められるとき。

(使用料)

第8条 農業実験センターの使用料は、別表により算定された額に100分の108を乗じて得た額とし、その額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

2 使用料は、前納しなければならない。ただし、町長がやむを得ない理由があると認めたときは、後納することができる。

(使用料の減免)

第9条 町長は、特に必要があると認めるときは、規則で定めるところにより、使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の還付)

第10条 既に納入された使用料は、還付しない。ただし、使用者にやむを得ない事情があると町長が認めるときは、規則で定めるところにより、これを還付することができる。

(使用の停止又は取消し)

第11条 町長は、使用者が次の各号のいずれかに該当するときは、農業実験センターの使用を停止し、又は取り消すことができる。

(1) この条例又はこれに基づく規則に違反したとき。

(2) 使用承認の条件に違反したとき。

(3) 使用に関する町の指示に従わないとき。

(4) 前3号に定めるもののほか、公益上又は管理上不適当と認めたとき。

2 町は、前項の措置により使用者に損失が生じた場合であっても、その損失を補償しないものとする。

(原状回復の義務及び賠償)

第12条 使用者は、前条の規定により使用の停止又は取消を受けたときは、直ちに設備を原状に復さなければならない。

2 使用者が前項の義務を履行しない場合は、町が代わってこれを執行し、その費用を使用者が負担するものとする。

3 使用者が建物及び付属設備等を損傷、汚損若しくは滅失したときは、別に定めるところにより、その損害を賠償しなければならない。

(委任)

第13条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の三石町農業実験センター条例(平成元年三石町条例第39号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例中これに相当する規定がある場合には、この条例の相当規定によってなされたものとみなす。

附 則(平成26年2月17日条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の新ひだか町公民館条例等(以下「改正後の条例」という。)の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後の施設の使用等に係る使用料等について適用し、施行日前の施設の使用等に係る使用料等については、なお従前の例による。ただし、第17条、第36条、第38条及び第39条の規定による改正後の新ひだか町共同井戸条例、新ひだか町下水道条例、新ひだか町水道事業給水条例及び新ひだか町簡易水道事業給水条例の適用は、施行日前から継続して供給又は使用し、施行日以後に初めて使用料等の額が確定する使用料等については、なお従前の例による。

3 この条例の施行日以後の施設の使用等に係る使用料等で、改正前の新ひだか町公民館条例等の規定により、既に納入された使用料等(回数券を除く。)は、改正後の条例の規定による使用料等の内払とみなす。

別表(第8条関係)

農業実験センター使用料

(1) 研修室

時間区分

午前

午後

夜間

1日

9時~12時

1時~5時

6時~10時

午前9時~午後10時

1,000円

1,495円

1,790円

3,495円

備考

1 使用時間には、会場の準備又は後片付けに要する時間を含むものとする。

2 午前と午後又は午後と夜間を通して使用する場合の使用料は、それぞれ規定する使用料の合計額とする。

3 11月1日から4月30日までの期間内に使用した場合には、冬期加算料として使用料の2割を加算する。

4 承認を受けた時間区分を超えて使用したときは、超過時間1時間(1時間未満の時は1時間とする。)につき、当該超過時間が該当する時間区分(時間区分に定めのない時間帯にあっては、直後の時間区分)に規定する使用料の2割5分を加算する。

(2) 共同育苗ハウス

品目

単位

育苗期

使用料

花きその他

育苗トレイ1枚1日につき

4月・11月

8円

5月~10月

5円

12月~3月

15円

備考 町外居住者が利用する場合は、既定料金の3割を加算する。

新ひだか町農業実験センター条例

平成18年3月31日 条例第144号

(平成26年4月1日施行)